政府、個人間取引への課税を強化する方針

2017年9月13日 15:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨今ではフリマアプリでの売買や民泊など、個人間での取引が増えている。これらに対しては税務当局による把握が難しいことから、政府が仲介サービス運営者に対し取引情報を提出させることを検討しているという(朝日新聞)。

 昨今ではこういった個人間取引で多額の収益を稼ぐ人も登場しているが、取引内容の追跡が難しいことから当局に対し正しく申告を行っていないケースもあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 政府 | お金

 関連ストーリー:
メルカリの普及で打撃を受けるリユース業界 2017年05月09日
メルカリ、紙幣だけでなくSuicaやパチンコの特殊景品の出品も規制 2017年04月27日
Airbnbの影響でパリ中心部の人口が減少? 2017年01月18日
個人間売買仲介アプリ「メルカリ」ではiTunesカードが定価よりも高値で取引されている 2016年03月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード民泊

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース