「スマホ世代」の特徴は?他の世代と大きな違いか 米で調査

2017年9月13日 11:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米国・国立薬物乱用研究所(NIDA)が10代を対象に行ったアンケート調査結果をまとめた書籍「iGen」が米国で出版された。「iGen」というのは1995~2012年生まれの世代で、12歳時点ですでにiPhoneが登場していた世代であることからこう名付けられている。この書籍によると、この世代はそれまでの世代から大きな変化が起きているという(ギズモード・ジャパンThe AtlanticThe Converstation)。

 指摘されているのは「性行為をしたことのある割合の低下」「運転免許所有率の低下」「アルバイト経験の現象」「学力の低下」「友人に会う時間の減少」「SNSを多くする人ほど不幸を感じる」「自殺率が殺人率を抜く」の9つ。これらから、「スマートフォンによってこれら世代は破壊されているのでは」という声まで出ているようだ。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 携帯電話

 関連ストーリー:
「PCとキーボードを使う人」はIT弱者? 2017年04月24日
米国でBluetoothヘッドホンの売上が有線ヘッドホンを上回る 2016年08月10日
若者はテレビよりもソーシャルメディアからニュースを得ているという調査結果 2016年06月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ

「ライフの話題」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース