アルバックは「iPhone X」の有機ELなど材料視され高値に顔合わせ

2017年9月13日 10:17

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■上値抵抗帯が注視され、抜け出せば再び大きな相場に発展する可能性が

 アルバック<6728>(東1)は13日、一時6%高の6440円(340円高)まで上げて6月につけた上場来の高値に顔合わせした。有機EL製造装置などを手がけ、米アップル社が日本時間13日未明に発表した「iPhone(アイフォーン)」シリーズの最新製品「iPhoneX」(アイフォーン・テン)に有機ELパネルが採用されているため連想買いが入ったとの見方が出ている。

 10時にかけては6260円(160円高)前後で推移。このところは6月の6440円、8月の6350円を高値に一進一退を続け、この水準が上値抵抗帯になっている様子がある。ただ、業績は連結純利益などが続けて最高を更新する見込み。PERは11倍前後のため割安感が強い印象がある。テクニカル的には、上値抵抗帯を抜け出せば再び大きな相場に発展する可能性があるようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】シーズ・ホールディングスは上場来高値更新の展開、17年7月期第3四半期累計大幅増収増益で通期も好業績期待(2017/06/14)
【業績でみる株価】ロックフィールドは01年来の高値圏、既存店売上堅調で18年4月期も増収増益予想(2017/06/15)
【注目銘柄】正栄食品工業は17年10月期利益予想を増額修正、さらに再増額の可能性(2017/06/14)
【業績でみる株価】神戸物産は年初来高値更新して15年の上場来高値目指す、17年10月期利益予想を増額修正(2017/06/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告