NY為替:米雇用指標改善や税制改革への期待でリスクオン

2017年9月13日 07:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:05JST NY為替:米雇用指標改善や税制改革への期待でリスクオン
12日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円67銭から110円25銭まで上昇して110円16銭で引けた。米国の7月JOLT求人件数が過去最高を記録したこと、ムニューシン米財務長官が年内の米国の税制改革実施を再公約したことが好感材料となり、ドル買い・円売りに拍車がかかった。

ユーロ・ドルは、1.1928ドルから1.1974ドルまで上昇し、1.1966ドルで引けた。ユーロ・円は、130円91銭から131円90銭まで上昇。リスク選好の円売りが続いた。ポンド・ドルは、1.3228ドルから1.3298ドルへ上昇した。ドル・スイスは、0.9576フランから0.9618フランへ上昇。安全通貨としてのフラン買いが後退した。《MK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告