エアコンの熱交換器を凍らせて洗浄の「凍結洗浄」、日立が製品発表

2017年9月12日 15:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日立ジョンソンコントロールズ空調が、エアコン内部を凍らせて洗浄する「凍結洗浄」機能を搭載した家庭用エアコンを発表した(家電Watch日立の新商品ニュース)。

 エアコン室内機の熱交換器を冷却して凍らせたのち、付いた霜を一気に溶かすことで汚れを落とすという仕組みとのこと。すでに熱交換器の洗浄機能を備えたエアコンは製品化されているが、これらは除湿や冷房時に発生した水を利用していたため、水の量が少ないという問題があったという。凍結洗浄では30秒間で約50ccの水を生成でき、これによって洗浄能力が向上したそうだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
「冷房時の室温設定28℃」について見直しが検討される 2017年05月15日
電気代の差分支払いで新品の家電製品が買える「電気代そのまま払い」 2017年02月28日
小中学校の暖房稼働基準は10℃ 2016年11月19日
日中はエアコンを小まめに切るよりも常時オンのほうが電気代が減る、ダイキンの実験で確認 2016年08月15日
日本の夏にエアコンは不可欠という話 2016年06月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日立製作所

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース