経済 RSS

 

再配達問題化で配達員にねぎらいの声をかける人が増加

2017年9月12日 07:26

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

労働環境が悪く、配達員に負担がかかっていることが世間に認知されたことで、消費者側でも再配達を失くすよう務める、あるいは配達員にねぎらいの声かけをするようになるなど意識の変化があるようだ。

労働環境が悪く、配達員に負担がかかっていることが世間に認知されたことで、消費者側でも再配達を失くすよう務める、あるいは配達員にねぎらいの声かけをするようになるなど意識の変化があるようだ。[写真拡大]

写真の拡大

 宅配業界においては慢性的な人手不足とアマゾンといった通販事業の需要が増加しているなかで、再配達による長時間労働など課題も山積しているのは報道のとおりだ。

【こちらも】パナソニック、宅配ボックスで再配達の大幅削減に成功 あわら市で実験

 労働環境の悪化などが問題視されていて、再配達によりろくに休憩を取ることができない、長時間労働が強いられる環境で苦しんでいるという社員が多く、給与や労働時間など待遇改善などを含め、労働環境の改善が求められている。このような現状のなかで、人々の意識が変わりつつあるようだ。

 再配達などが物流業者で負担となっていることが連日の報道で明らかになっている。ジャストシステムの意識調査によると、こうした報道がなされて以降、約59.2%の人が「日時指定をして、その時間帯は在宅するようになった」と回答している。さらには、約54.6%の人が「配達員に『おつかれさまです』などといったように声がけするようになった」と回答しているということだ。

 再配達問題によって物流環境の過酷さや、配達員の労働環境の悪さなどが世間に広まり、理解されていると言える。通販を利用する人はもちろん、多くの人に配達員の大変さが伝わり、以前と比較すると人々の意識もかなり変わってきたと言える。たしかに、これまでも物流業界の厳しさはあったものの、配達員の労働環境や再配達による負担などが報道されることは少なかったため実態を知る人は少なく、世間の関心は薄かっただろう。便利だから何気なく日常で使っている通販だが、便利なだけに配達員に負担がかかっている現状が浮き彫りとなった。

 こうしたニュースが連日報道されたことで、人々の意識が変わることで再配達の防止や運賃適正化の契機にもなり、労働環境の改善にも少しずつではあるがつながっていくのではないだろうか。消費者の心がけと、世論の広がりによって物流業界の労働環境改善が進んでいくことを期待したい。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
宅配便取扱い数は7.3%増 国交省が発表
課題は同時性の解消? 宅配ボックス「欲しい」7割
パナソニックと福井県あわら市「宅配ボックス実証実験」で再配達49%から8%に大幅減
宅配ボックスの需要が急増中。5倍の受注で発売延期も
再配達削減へ楽天が日本郵便との連携強化で先手

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード再配達ジャストシステム給与

「経済一般」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース