NY原油:大幅続落で47.48ドル、超大型ハリケーン接近で原油需要鈍化の思惑が再浮上

2017年9月9日 08:24

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:24JST NY原油:大幅続落で47.48ドル、超大型ハリケーン接近で原油需要鈍化の思惑が再浮上
8日のNY原油先物10月限は大幅続落(NYMEX原油10月限終値:47.48 ↓1.61)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比−1.61ドルの47.48ドルで取引を終えた。超大型ハリケーン「イルマ」がフロリダ州に接近しており、石油精製施設やパイプラインの稼働再開を見送る動きが広がっていることが要因。足元の原油需要は再び鈍化する可能性は高いとの見方が広がり、短期筋による売りが活発となった。米ドル安・ユーロ高がやや一服したことも多少意識されたようだ。《MT》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告