小野薬品が大きく出直る、「オプジーボ」の新たな併用療法に注目集まる

2017年9月8日 13:22

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「中および高リスク患者における優れた全生存期間を示す」と発表し買い再燃

 小野薬品工業<4528>(東1)は8日の後場、2300.0円(101.5円高)で始まり、前場につけた2332.5円(134.0円高)に続き大きく出直っている。8日付で、超高額の抗がん剤「オプジーボ」について、新たな併用療法が「中および高リスク患者における優れた全生存期間を示し」たため、試験の早期有効中止を推奨されたと発表。注目と期待が再燃している。

 「オプジーボ」は、米ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(BMS)によって開発され、日本では、小野薬品工業が2014年に根治切除不能な悪性黒色腫の治療薬として発売した。その後、2015年には切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんに対する承認を取得し、2016年には根治切除不能または転移性の腎細胞がん、再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫に対する承認を取得、2017年には再発又は遠隔転移を有する頭頸部がんに対する承認を取得した。また、胃がんについても承認申請しており、食道がん、胃食道接合部がん、小細胞肺がん、肝細胞がん、膠芽腫、尿路上皮がん、悪性胸膜中皮腫、卵巣がん、胆道がんなどを対象とした臨床試験を実施中だ。現在、オプジーボは、日本、米国および欧州連合を含む60カ国以上で承認されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【新規上場(IPO)銘柄】アセンテックはVDIイノベーションセンターの来場者10,000名突破、通期業績予想の上振れが濃厚(2017/06/14)
【業績でみる株価】弁護士ドットコムは目先的な過熱感解消して再動意の可能性、18年3月期も大幅増収増益予想(2017/06/12)
【新規上場(IPO)銘柄】ビーブレイクシステムズの初値は公開価格の4.61倍と高人気、ERP導入市場の更なる拡大が見込まれる(2017/06/19)
【VR・AR関連銘柄特集】市場動向や関連銘柄を探る(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース