技研興業が連日急伸、「太陽フレア」も買い材料に加わり注目度一段と増す

2017年9月8日 09:30

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■2005年、14年の高値を上抜き十数年来の雄大な相場の期待も

 技研興業<9764>(東2)は8日も上値を指向して始まり、取引開始後に480円(45円高)をつけて5日連続の高値更新となった。引き続き電磁波・放射線シールド施設などの特殊施設が注目され、8日は、通常の1000倍とされる太陽フレア(太陽表面での巨大な爆発現象)が観測されたことも材料視されている。

 株価材料としては、これまでの北朝鮮による「核電磁パルス攻撃」への対策銘柄という受け止め方に加え、「太陽フレア」対策銘柄としての期待が加わる形になった。東証は8日の売買から同社株を日々公表銘柄に指定したが、テクニカル的に見ると、2005年につけた高値380円、14年につけた高値370円を上抜いてきたため、十数年来の大きなもみ合い相場を抜け出したことになり、雄大なもみ合い離脱相場が期待できるとの見方が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース