NY金:反発で1350.30ドル、北朝鮮をめぐる地政学的リスクやドル安で買われる

2017年9月8日 07:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:25JST NY金:反発で1350.30ドル、北朝鮮をめぐる地政学的リスクやドル安で買われる
NY金先物12月限は反発(COMEX金12月限終値:1350.30 ↑11.30)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+11.3ドルの1オンス=1350.30ドルで終了。北朝鮮が米国の圧力に対して「強力な対抗措置で応じる」と表明したことから、市場のリスク回避姿勢が強まった。このため、「質への逃避」の金に買いが集まった。また、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がこの日行われた定例理事会で、量的緩和の縮小計画を10月にも発表するとの見方を示したことから、外為市場では対ユーロでドル安が進行。このため、ドル建ての金相場は相対的な割安感から買い進まれた。《CS》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告