前日に動いた銘柄 part2:ペプチドリーム、フライングG、インフォテリなど

2017年9月8日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2:ペプチドリーム、フライングG、インフォテリなど
銘柄名<コード>⇒7日終値⇒前日比

山陽特殊製鋼<5481> 573 -16
上値重く信用需給も重しとなる。

協和発酵キリン<4151> 1815 -47
目立った材料もなく需給要因が中心か。

サニックス<4651> 336 -6
ここまで需給妙味から強い動きが続いていたが。

ハピネット<7552> 1718 -13
下落トレンド継続で見切り売りが優勢に。

ペプチドリーム<4587> 3490 -185
6日は急速な切り返し見せたが戻り売り優勢に。

KLab<3656> 1550 -3
反発力鈍く見切り売り優勢に。

日産自動車<7201> 1092.5 +6.5
「リーフ」の新型を10月2日に国内販売と。

リクルートHD<6098> 2346 +1
引き続き日経平均新規採用による需給期待で。

トクヤマ<4043> 499 +18
安値圏での押し目買いの動きが優勢に。

SUMCO<3436> 1560 +22
ドイツ証券では、ウエハの継続的な成長性は評価されるべきと。

ヤフー<4689> 500 +4
九大とがん患者のDNA分析と報じられる。

コマツ<6301> 3109 +89.0
6日には大和証券が投資判断を格上げ。

技研興業<9764> 435 +35
EMP対策関連として関心が続く。

DNA研<2397> 1125 +6
ヤフーなどががん患者のDNA分析と伝わり刺激材料にも。

Pウォーター<2588> 1211 -20
スピード調整一巡感からのリバウンドが続く。

シャープ<6753> 331 +6
目先の底打ち感強まりリバウンド継続へ。

GNI<2160> 367 -32
「アイスーリュイ」への期待高いが需給整理進まず。

マクドナルド<2702> 4960 +80
8月既存店売上高は前年同月比14.5%増。

フライングG<3317> 3395 +397
足元の好業績と好需給で上値追い続く。

リネットジャパン<3556> 532 -29
引き続きビックカメラ<3048>との提携を材料視。

インフォテリ<3853> 1223 +49
テックビューロに追加出資との報道。

UUUM<3990> 4670 -285
反発試すも5日線が上値抵抗に。なお過熱感意識される。

細火工<4274> 1710 -160
トランプ氏発言で米朝武力衝突への懸念後退も。

カイオム<4583> 369 +5
ヒト化TROP-2抗体に関する欧州特許付与が決定。

NF回路<6864> 1380 +178
量子コンピューター関連。25日線からリバウンド。

GFA<8783> 818 -6
子会社設立も反応薄。25日線が上値抵抗に。《HT》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告