政府、公務員の定年を65歳にまで延長する方針

2017年9月5日 21:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 政府が今年6月に公務員の定年引き上げに関する検討を行う連絡会議を設置していたことが明らかになった。現在の定年は60歳だが、今後段階的に引き上げ、最終的には65歳まで延長するという(NHK日経新聞ITmedia)。

 背景には公務員の年金支給開始年齢の引き上げがある。公務員の年金支給開始年齢は現在段階的に引き上げられており、2025年には支給開始年齢が65歳になるという。そのため、2019年度から段階的に定年引き上げを行う方針が軸となっているようだ。

 また、事務次官の定年は62歳だが、今後これの引き上げも議論するという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 政府

 関連ストーリー:
20代が激減、40代以上が増加傾向にあるSE業界 2017年07月04日
50歳になってもプログラミングを続ける理由 2012年11月07日
IT企業戦士の半減期は15年? 2011年12月05日
厚生労働省、「65歳までの雇用義務付け」を提言 2011年06月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード年金公務員

「雇用・就職・労働」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース