物書堂、egwordとegbridgeの資産を取得 egwordの新版リリースへ

2017年9月5日 22:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 旧Mac OS/漢字Talk時代からリリースされていたMac向け日本語ワープロソフト「EGWORD」の新バージョンがリリースされる模様(ITmedia)。

 EGWORDはエルゴソフト(1993年に現コーエーテクモホールディングス傘下となり現在は解散・清算され消滅)が開発していたが、元エルゴソフト開発者らが在籍する物書堂が開発資産を取得したとのこと。EGWORDの最新版であるegword Universalは2007年にリリースされたバージョン2.0.2が現行macOSでも動作するが、次期版macOS(Hight SIerra)では動作しない可能性があるため、今後新OSに対応させたバージョンをリリースする方針のようだ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | MacOSX | アップル

 関連ストーリー:
Mac向けIME「かわせみ2」発売 2013年11月29日
egbridge、「かわせみ」という名前で復活 2009年09月30日
エルゴソフト、パッケージソフト事業を終了 2008年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMac

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース