日経平均は続落、北朝鮮情勢への警戒続く

2017年9月5日 15:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ

*15:33JST 日経平均は続落、北朝鮮情勢への警戒続く
日経平均は続落。前日の米国市場が休場で手掛かり材料に乏しいなか、本日の日経平均は自律反発の流れから25円高でスタートした。ただ、寄り付き後は北朝鮮情勢への警戒感から弱含みとなった。11時過ぎには「北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の移動を開始した」と伝わり、早期ミサイル発射観測の広がりから円相場が1ドル=109円台前半に上昇。これを受けて日経平均は後場の寄り付き直後に一時19354.59円(前日比153.66円安)まで下落し、その後も軟調もみ合いが続いた。

大引けの日経平均は前日比122.44円安の19385.81円となった。東証1部の売買高は16億4026万株、売買代金は1兆9539億円だった。業種別では、海運業、その他製品、水産・農林業、倉庫・運輸関連業、証券が下落率上位だった。一方、上昇したのは輸送用機器のみだった。

個別では、売買代金トップの任天堂<7974>が2%超下落したほか、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、野村<8604>などが軟調。三菱UFJ<8306>やみずほ<8411>などのメガバンク株は小安い。日本郵政<6178>は株式売出しへの懸念から前日に続き売られ、決算発表のピジョン<7956>も7%超安と下げが目立った。また、KLab<3656>が大幅続落するなど中小型株の手仕舞い売りがかさんだ。直近活況を見せていたエコナックHD<3521>のほか、福井コンピ<9790>やサニックス<4651>が東証1部下落率に顔を出した。一方、トヨタ自<7203>、住友鉱<5713>、パナソニック<6752>などが堅調で、日産自<7201>は小幅に上昇した。業績上方修正の丹青社<9743>は3%超高。また、防衛関連の石川製<6208>や電磁パルス対策関連の阿波製紙<3896>がストップ高まで買われた。《HK》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース