【株式市場】北朝鮮の核実験による今夜のNY株の反応が気になり日経平均は大幅安のままもみ合う

2017年9月4日 16:08

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の大引けは1万9508円25銭(183円22銭安)、TOPIXは1603.55ポイント(16.04ポイント安)、出来高概算(東証1部)は15億9579万株

 4日後場の東京株式市場は、今夜のNY株式が米国としては北朝鮮の核実験を受けた最初の取引になるため推移が注目され、前場に続いて好業績株などを個別に選別買いする相場になった。日経平均は引き続き大幅安のままもみ合ったが、SOMPOホールディングス<8630>(東1)が関連会社の売却などを材料に高いなど、個別に強い銘柄があり、日経平均は前場の安値1万9479円40銭(212円07銭安)は割らずに推移した。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。 

 後場は、防衛産業関連株の石川製作所<6208>(東1)が伸び悩んだ反面、ANAホールディングス<9202>(東1)は引き続き自社株買いなどが好感されて一段ジリ高。アクアライン<6173>(東マ)は8月第2四半期の業績に期待が強いようで一段強含み、リリカラ<9727>(JQS)は大量保有報告書が材料視されて急伸。

 東証1部の出来高概算は15億9579万株(前引けは8億4451万株)、売買代金は1町7369億円(同8723億円)。1部上場2023銘柄のうち、値上がり銘柄数は153(同166)銘柄、値下がり銘柄数は1824(同1816)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は3業種(空運、石油・石炭、保険)にとどまり(前場は空運、保険のみ)、値下がり率の小さい業種は、ゴム製品、鉱業、輸送用機器、その他製品、機械、などだった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース