JPホールディングスは初の国外施設となる幼稚園をベトナムで9月5日に開園

2017年9月4日 09:08

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ベトナムでは、所得水準の向上とともに教育に対する支出割合が増加し、高品質な教育のニーズが高まる

 JPホールディングス<2749>(東1)は、初の国外施設となる幼稚園「COHAS DA NANG(コハスダナン)」、「CohasKids(コハスキッズ)」を、ベトナムのダナン市とホーチミン市でそれぞれ9月5日に開園する。

 ベトナムでは、人口が毎年約100万人のペースで増加しており、所得水準の向上とともに教育に対する支出割合が増加し、高品質な教育のニーズが高まっている。さらに、ベトナムは親日度が高く、日本語教育や日本の「礼儀」「しつけ」といった文化面にも関心が高い。

 この様な状況の中で、「ジャパンブランド」の高い信頼性と、同社の日本における豊富な実績と経験を背景に、現地の高所得者層向けの幼稚園を開園する。

 今回の2つの幼稚園は、4月に設立した100%出資現地法人「COHAS VIETNAM CO.,LTD」が運営する第一号施設となる。COHASVIETNAMは、ベトナムにおける市場開拓の拠点として、同地域での事業拡大を図る。

 「COHAS DA NANG」の定員は200名、開園時間は6時45分から18時(月から土)、「CohasKids」の定員は130名、開園時間は月曜から金曜日までは7時~17時まで、土曜日は7時~16時となっている。

 同社では、今後、国外の市場開拓を進め、収益基盤の強化図る一方で、海外の早期幼児教育のノウハウを日本に還元することにより、国内での更なるサービス向上を目指すとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告