Officeアシスタント「クリッパー」、Visual Studioの拡張機能として復活

2017年9月1日 07:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、  最も嫌われたMicrosoftのキャラクターともいわれるOfficeアシスタントのクリッパー(英: Clippy)が、Visual Studioの拡張機能「ClippyVS」として復活した(Channel 9 — Coding4Fun BlogOn MSFT)。

 ClippyVSはVisual Studioの画面にクリッパーが登場し、ユーザーの操作にリアクションをとるというもので、Visual Studio Marketplaceで入手可能だ。まだ開発途中の段階とのことで、開発者のEros Fratini氏がフィードバックを求めている。なお、この拡張機能はオープンソース(MITライセンス)で開発されており、ソースコードはGitHubで公開されている。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | マイクロソフト | idle | デベロッパー

 関連ストーリー:
Officeアシスタント「クリッパー」がビデオクリップで復活 2015年08月15日
冴子先生に続き、あのイルカも復活! 2010年04月26日
あの「冴子先生」が帰ってくる? 2010年04月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftOfficeGitHubオープンソース

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース