「爆風スランプ」ファンキー末吉氏、著作権使用料分配で文化庁に上申書

2017年8月21日 16:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ライブハウスが支払った著作権使用料の分配について以前よりJASRACと衝突していた人気バンド「爆風スランプ」のドラマー・ファンキー末吉氏が、この問題について文化庁に対し上申書を提出した(ハフィントンポスト朝日新聞)。

 JASRACは著作権使用料としてライブハウスに対し定額を徴収しているが、徴収された使用料の分配については一部の店舗でのサンプリング調査に基づいて行われているという。そのため、演奏された楽曲の権利者に使用料が支払われないことも少なくないようだ。ファンキー末吉氏の主張によると、氏は2000年からの10年間で全国で204回のライブを行い、自身が作曲した曲を演奏したものの、それに対する分配は1円もなかったという。そのため、氏は分配の方法が正しくないと主張している。

 ファンキー末吉氏は以前よりサンプリング調査を元にした著作権使用料の分配に対し疑問を呈しており、また現在の技術であればライブハウスで演奏された楽曲すべてを集計することも難しくないと主張していた(ファンキー末吉氏のブログ)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 著作権 | 音楽

 関連ストーリー:
JASRAC、著作者自身による楽曲の利用に対する制限を緩和 2017年07月27日
JASRACが理容店と飲食店を提訴 2017年07月12日
「爆風スランプ」のファンキー末吉氏とJASRACとの訴訟、裁判が始まる 2013年12月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権JASRAC

「知的財産権」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース