ソレイジア・ファーマが出直り強める、がん治療にともなう疼痛緩和薬に注目再燃

2017年8月21日 13:24

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■保険収載を経て明治HDグループから販売開始としており期待強まる

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は21日、後場も出直りを強め、13時にかけては9%高の388円(32円高)まで上げて本日の現在高となっている。「がん領域のスペシャリティ・ファーマ」を掲げ、がん化学療法及び放射線療法による口内炎に伴う疼痛緩和口腔用液材「エピシル 口腔用液」(開発品:SP-03、以下「エピシル」)が、7月初、厚生労働省より日本国内における医療機器製造販売承認を取得。今後、保険収載を経て、日本における独占販売権の導出先である明治ホールディングス<2269>(東1)のMeiji Seikaファルマ株式会社から販売開始の予定としており、期待が再燃する様子がある。

 第2四半期の連結決算(2017年1~6月累計)は8月10日に発表し、各利益とも前年同期比で赤字拡大となったが、株価は取引日ベースで3日後の16日に発表前の終値を上回った。このため、目先的な業績動向は影響していないとの見方があり、新薬の寄与に対する期待の強さがうかがえるようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【新規上場(IPO)銘柄】アセンテックはVDIイノベーションセンターの来場者10,000名突破、通期業績予想の上振れが濃厚(2017/06/14)
【業績でみる株価】弁護士ドットコムは目先的な過熱感解消して再動意の可能性、18年3月期も大幅増収増益予想(2017/06/12)
【新規上場(IPO)銘柄】ビーブレイクシステムズの初値は公開価格の4.61倍と高人気、ERP導入市場の更なる拡大が見込まれる(2017/06/19)
【VR・AR関連銘柄特集】市場動向や関連銘柄を探る(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース