人手不足でやっぱり増えているミスマッチ

2017年8月18日 16:24

小

中

大

印刷

 ある調査によると、主要企業121社を対象に実施したアンケートでは、36%の企業が人手不足を感じており、景気拡大が期待される一方で、商機を逃す要因にもなりかねないことに警戒する企業が増えているという話題がありました。

【こちらも】人手不足対策、企業のあの手この手

 その対策について、外国人の積極採用やITを使った省力化投資といったものがありますが、やはり一番は採用活動の強化ということです。
 私の周りの企業でも、何かしらの採用活動をおこなっているところは非常に多く、なおかつなかなか決まらないという話を数多く聞きます。応募自体がほとんどないとか、採用基準や募集要件を見直してもなかなか決まらないとか、相当に厳しい様子がうかがえます。
 採用活動にかかわる相談も数多く受けますが、小さな工夫の積み重ねでできることはあるものの、即効性のある取り組みはそれほど多くなく、本当に厳しい状況です。

 その一方、同じく最近増えている相談は、社員のミスマッチに関わるものです。せっかく採用できたのに、その社員の仕事ぶりがあまりにも期待外れで、どうやって教育すればよいのかわからないとか、中にはあまりにも能力が足りないので、試用期間中で解雇できないかなどというものもあります。
 またこのミスマッチが、特に最近は食い違いの度合いが大きくなっている感じがします。

 その大きな原因は、自社の仕事に適性が低い人を採用しているということでは、やはり企業側にあるでしょう。
 ただ、特に中小企業の採用活動というのは、すでに人員不足や業務過多がどうしようもないレベルで起こっていて、かなり切迫した状況で活動をしている会社が数多くあります。そうなると応募者の中で何とかなりそうな人をとにかく早急に選ぶということになりますから、多少のミスマッチには目をつぶっているようなところがあります。そんな事情を考えれば、会社側ばかりを一概に責めることもできません。

 またこのところ、新たに採用した人が1週間で辞めたとか、中には3日で辞めたとか、そんな短期での離職を耳にすることが増えました。就職難の頃にはあまり聞かなかったことです。
 売り手市場ということで、応募者の側もあまり仕事内容を理解していなかったり、自分の適性に合うかどうかを考えていなかったり、仕事を身につける努力をしなかったり、少しでも嫌なことは我慢しなかったりということが増えているようです。
 以前であれば入社できなかったような会社に入ることができてしまったが、要求レベルが高くて苦しいなどという話も聞きました。
 やはりこれもミスマッチということで、働く側にとってもあまり幸せなことではありません。

 これらの動きは、求人企業と求職者の間に市場原理が強く働いているということでは仕方がないことですが、望ましいのはもう少しお互いの力関係がイーブンに近いことだと思います。ただ、人口減少の日本では、今後そうなる見通しは今のところほとんどありません。

 売り手と買い手がいびつな関係は、局所的には勝ち組が生まれるでしょうが、全体としてあまり良いことはありません。条件が良い一部の会社に人材が集まれば、特に中小企業ではもう人は採れません。
 かたや何もしなくても人が集まり、かたや何をしても人が集まらないということになり、そうなると採用広告や人材紹介などの人材ビジネスも成り立たなくなります。人手不足倒産のような話もこれから増えてくるでしょう。

 こればかりは国策レベルの取り組みがあって、なおかつそれがかなりうまく進まない限りはなかなか改善されそうにありません。
 今できることといえば、人手不足にはその会社なりにできることを考えて続けることと、売り手である応募者と買い手である企業という当事者同士が、ミスマッチを避けるためにお互いをしっかり見ていくことくらいしかありません。

 考えれば考えるほど出口がない話になっていきますが、果たしていつか出口は見えるのでしょうか。私はまだちょっと先が見えずにいます。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る

関連キーワード中小企業倒産

「仕事術」の写真ニュース

経営・ビジネスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_mgt

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース