敵基地攻撃能力「検討せず」小野寺防衛大臣

2017年8月11日 11:24

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 小野寺五典防衛大臣は10日の衆院安全保障委員会(閉会中審査)で「敵基地攻撃能力」について「安倍晋三総理は現時点において、敵基地攻撃能力の保有に向けた具体的な検討を行う予定はない、と発言されている。防衛大臣としても、その中でミサイル対処能力の総合的な向上を検討する」と答えた。

 小野寺大臣は「憲法上、攻撃を防ぐためにやむを得ない必要最小限の措置をとることは自衛の範囲に含まれ、可能とされてきた。(敵基地攻撃能力は)米国に依存しており、自衛隊は敵基地攻撃を目的とした装備・体系を保有しておらず、保有する計画もない」と明言した。

 自民党検討チームはさきに、日米同盟全体の総合力で対処する方針を維持したうえで、日米同盟の抑止力・対処力向上のために『敵基地攻撃能力の保有のための検討』をするよう提言している。この時のチーム座長は小野寺氏だった。

 小野寺大臣は「安倍総理は8月6日に『様々な検討は行っていくべきと考えているが、現時点においては敵基地攻撃能力の保有に向けた具体的な検討を行う予定はない』と発言されている。防衛大臣として、総理が示された中で弾道ミサイル対処能力の総合的な向上のための検討を進めていきたい」と答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
防衛費をGDPと機械的に結び付けは適当でない
敵基地攻撃能力「状況に合わせた態勢当然」防相
軍事費そのものなくす主張したことない 共産
敵基地攻撃の装備体系保有していない 防衛大臣
敵基地攻撃能力の議論は慎重に行うと防相

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自衛隊安倍晋三日米同盟弾道ミサイル安全保障自民党小野寺五典

「軍事・防衛」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース