【業績でみる株価】リョーサンは高値更新の展開、18年3月期1Q大幅増収増益で通期予想は増額の可能性

2017年8月9日 14:59

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 独立系の大手半導体商社であるリョーサン<8140>(東1)の18年3月期第1四半期は大幅増収増益だった。需要が高水準であり、通期予想に増額の可能性があるだろう。株価は高値更新の展開だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

■18年3月期1Qは大幅増収増益、通期予想は増額の可能性

 7月28日発表した18年3月期第1四半期(4月~6月)連結業績は、売上高が前年同期比22.0%増の589億15百万円、営業利益が2.4倍の15億07百万円、経常利益が70.4%増の15億96百万円、純利益が54.7%増の10億88百万円だった。

 車載向けやFA機器向けが好調に推移して、半導体事業は20.7%増収・2.0倍営業増益、電子部品事業は19.6%増収・2.0倍営業増益、そして電子機器事業は41.0%増収・89.2%営業増益といずれも大幅伸長した。

 通期の連結業績予想は、売上高が17年3月期比5.5%増の2300億円、営業利益が20.2%増の56億円、経常利益が15.9%増の56億円、そして純利益が18.8%増の40億円としている。

 通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高25.6%、営業利益26.9%、経常利益28.5%、純利益27.2%と順調である。需要が高水準であり、通期予想に増額の可能性があるだろう。

■株価は高値更新の展開、好業績を評価して上値試す

 なお5月12日発表した自己株式取得(取得株式総数の上限450万株、取得価額総額の上限200億円、取得期間17年5月15日~18年5月14日)については、7月31日時点の累計で取得株式総数160万2100株となった。

 株価は高値更新の展開となり、8月4日には4600円まで上伸した。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなり、4000円台での中段保ち合いから上放れる動きだ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース