SUSのアルミ製屋外店舗「t2」恵比寿ガーデンプレイスに登場

2017年8月6日 08:53

小

中

大

印刷

アルミ製ミニマルユニット「t2」。(画像:SUS発表資料より)

アルミ製ミニマルユニット「t2」。(画像:SUS発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 SUS(エスユウエス)社の開発したアルミ製ミニマルユニット「t2」が、東京の恵比寿ガーデンプレイスで9月3日まで開催中の期間限定テラス『The Book & Film Bar』において、屋外店舗(スタンド)として活用されている。

【こちらも】恵比寿ガーデンプレイスの限定テラス「The Book & Film Bar」登場

 SUSは、アルミが建築構造材として認可された2002年以来、アルミによる建築構造物の設計・開発に取り組んできた。t2は、その結果として生まれた、アルミを利用したミニマルユニットである。

 その特徴は、まず施工期間の短さだ。工場で製作し、トラックで運ぶことができ、現場では基本的に設置するだけなので、1日程度で作業が完了する。

 また、フラットでプレーンな内装であるため、オプションなどを組み合わせることにより、ブロックを組み合わせるようにして、用途に合わせた様々なインテリアコーディネートを実現できる。さらに構造体自体にT型の溝が切られていて、そこにTナットを挿入し、照明器具や配線の埋め込みができ、無駄のない内装が可能だ。

 『The Book & Film Bar』は、名前の通り、「図書館」、「Bar」、そして短編映画などを上映する「ショートムービー」の3施設から成る。

 主催は恵比寿ガーデンプレイスで、同プレイスの時計広場にある。Barは平日は15:00~21:00、土日祝日(8月14日・15日は祝日扱い)は12:00~21:00の営業で、エビスビール(700円、税込)などを販売する。

 ショートムービーは上映時間19:00~21:00。恵比寿の映像制作会社ROBOTのセレクションによる、世界各国のアニメーションや短編映画などを無料で上映する。

 図書館は12:00~21:00開館。ガーデンプレイスのパブリックスペースに寄贈された約1,000冊の本を自由に楽しむことができる。

 t2は「ユニバーサルスタンド」と位置付けられており、今回のような一時的な店舗利用のほか、環境に合わせ、住まいとしての利用も想定されている。(藤沢文太)

関連キーワード恵比寿ガーデンプレイス

「化学・製薬業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース