Apple、Aシリーズプロセッサの特許侵害で約560億円の支払い命じられる

2017年8月2日 15:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2015年、 Apple、プロセッサの特許侵害でウィスコンシン大学に敗訴という話が報じられたが、この判決を元に米連邦地裁がAppleに対し約5億600万ドルの支払いを命じたとのこと(iPhone ManiaSlashdot)。

 当時の判決では賠償金は2億3400万ドルとされていたが、これに加えて新たに2億7200万ドルの賠償金が追加されることとなった。これは、Appleが特許保護期間が終了される2016年まで特許侵害を続けていたためとの判断だそうだ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 法廷 | パテント | アップル

 関連ストーリー:
Intel曰く「QualcommはIntelのチップを締め出すためにAppleを訴えた」 2017年07月28日
Qualcomm、米国へのiPhoneの輸入差止を求める訴状を米国際貿易委員会に提出 2017年07月11日
Apple、プロセッサの特許侵害でウィスコンシン大学に敗訴 2015年10月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhone特許

「知的財産権」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース