二酸化炭素排出量削減、子供の数減らすことが最も効果的という試算

2017年8月2日 07:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量の削減には「少子化」が大きな効果があるという調査結果が発表されたという(Forbes)。

 この調査結果は、スウェーデン・ルンド大学の研究者らがまとめたもの(Environmental Research Letters掲載論文)。

 この論文では、個人の生活の変化によって二酸化炭素の排出量がどれだけ変化するかが試算されている。その結果、大きく二酸化炭素排出量を削減できるものとして「子供を1人減らす」(年間58.6トン)、「自動車を使わない」(年間2.4トン)、「飛行機による移動を避ける」(大陸間1往復あたり1.6トン)、「野菜ベースの食生活」(年間0.8トン)があるという(括弧内は削減できる二酸化炭素排出量)。

 いっぽう、従来の取り組みであるリサイクルやLED照明の利用などはこれらと比べて大幅に効果が低いという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
苫小牧市に二酸化炭素を地中に閉じ込める施設が完成 2015年11月24日
Googleがグリーンエネルギー計画失敗から学んだ教訓 2014年11月25日
オーストラリア、先進国で初めて炭素税廃止へ 2014年07月20日
電力会社、二酸化炭素排出量の削減目標を達成できず 2013年08月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード地球温暖化スウェーデン

「水力・風力・地熱発電」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース