【話題】アスカネット:この夏は、失敗を恐れず花火を撮ろう!

2017年8月1日 21:12

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

フォトブックサービス「MyBook(マイブック)」を展開するアスカネット<2438>(東マ)は、今年の夏こそ!打ち上げ花火を綺麗に撮るポイントを提案する。

フォトブックサービス「MyBook(マイブック)」を展開するアスカネット<2438>(東マ)は、今年の夏こそ!打ち上げ花火を綺麗に撮るポイントを提案する。[写真拡大]

写真の拡大

■打ち上げ花火を綺麗に撮るポイント(入門編)を公開

 フォトブックサービス「MyBook(マイブック)」を展開するアスカネット<2438>(東マ)は、今年の夏こそ!打ち上げ花火を綺麗に撮るポイントを提案する。  夏の夜空を彩る「花火」。一瞬で散ってしまうその儚い美しさに、皆さんも一度はカメラを向けたことがあるでしょう。そして、・・・もっと綺麗だったのに・・・。  そこで、この夏は、難しいことは一切抜き!すぐに真似できる花火撮影のポイントを公開しているので紹介しよう。

■必要なものはこれだけ!

 花火撮影に必要なものは、当然「カメラ」だが、最低限一眼レフカメラと三脚は必須だ。それに、レリーズかリモートコードと、ライト(100均一で売っているような小さなものが便利だという。一眼レフでは、キットのズームレンズで十分対応可能だからレンズの買い足しも不要! ※手ブレ:シャッターを切るときに起こるのが普通、レリーズはあれば助かる程度?

■ベストショットの知恵!

1)場所取り・・・花火大会はすごい人混みなので、三脚をセットすることを考え、事前にロケハンするのがベスト! ・近ければ近いほどいい?肉眼と写真は別!・・・花火のアップと周りの雰囲気も一緒に写真に残そう。 2)いざ実践・・・カメラの設定では、基本設定は、「ISO100/F11」と覚え、ISO感度は固定したまま、花火の明るさや色でF値を調整。 3)露出・・・ダイヤルをマニュアル(M)に合わせ、・絞りはF11前後。・シャッタースピードはバルブに設定。 4)ホワイトバランス・・・思い通りの色にならない人はオートでは?「白熱球」がオススメ! 5)ピント・・・マニュアルフォーカス(MF)に設定 「花火によって大きさが違うので、打ち上げ音に合わせてシャッターを押し、花火が上がり火の粉が消えるくらいを目安に指を離してみてください! :露出もピントも「手動」が花火を綺麗に写すポイントだ! 6)その他・・・会場によって構図を工夫しよう 詳しくは、▼打ち上げ花火を綺麗に撮るポイントご参照 http://www.asukanet.co.jp/main/photo/column/column_001.html (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【新規上場(IPO)銘柄】アセンテックはVDIイノベーションセンターの来場者10,000名突破、通期業績予想の上振れが濃厚(2017/06/14)
【業績でみる株価】弁護士ドットコムは目先的な過熱感解消して再動意の可能性、18年3月期も大幅増収増益予想(2017/06/12)
【新規上場(IPO)銘柄】ビーブレイクシステムズの初値は公開価格の4.61倍と高人気、ERP導入市場の更なる拡大が見込まれる(2017/06/19)
【VR・AR関連銘柄特集】市場動向や関連銘柄を探る(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース