賀来賢人「同世代の同業者たちには悔しがってもらいたい」

2017年7月20日 11:21

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

賀来賢人が12月8日より東京・本多劇場で上演されるM&Oplaysプロデュース「流山ブルーバード」に出演することがわかった。写真:賀来賢人

賀来賢人が12月8日より東京・本多劇場で上演されるM&Oplaysプロデュース「流山ブルーバード」に出演することがわかった。写真:賀来賢人[写真拡大]

写真の拡大

 賀来賢人が12月8日より東京・本多劇場で上演されるM&Oplaysプロデュース「流山ブルーバード」に出演することがわかった。

 ・榮倉奈々が2700gの元気な赤ちゃん出産。夫・賀来賢人に「心から感謝」

 本舞台は、映画『葛城事件』(脚本・監督)や、舞台「世界」(作・演出)などで、人間の根底にある無様さや滑稽さをあぶり出し、残酷さや狂気までも丁寧に描いて、独特の世界観で見るものに迫る赤堀雅秋の書き下ろし最新作。赤堀が作・演出をつとめる。

 舞台は東京にもほど近い地方都市の千葉県・流山市。この町の半径3キロ圏内でくすぶり、東京へ出ていく気力もなく、町を抜け出そうにも抜け出せない「ダメな」4人の若者と、彼らを取り巻くろくでもない大人たちの青春群像劇。それぞれに鬱屈をかかえた人々の、やるせない日々と、その中に垣間見える一縷の希望を描き出す。

 出演者は、賀来を中心に、太賀、柄本時生、若葉竜也という多彩なジャンルで活躍する実力派若手俳優が集結。さらに、皆川猿時や小野ゆり子、平田敦子、宮下今日子、駒木根隆介など個性的な大人たちが脇を固め、一筋縄ではいかないキャスト陣が、無骨で繊細な、赤堀ワールドに挑む。

 本舞台出演に賀来は「そもそもは『太賀と芝居がやりたいです』と、プロデューサーに話したことから始まった話だったんです。太賀は昔からの友達なんですが、一度も共演したことがなかったので。そうしたら時生や若葉くんをはじめ、他にも知っている方たちとご一緒できることになって。まさに、満を持して! という気分です。ここのところ、演劇作品を何本か続けてやっていますが、その中でも自分の集大成になる作品というか、最もやりたいことができる座組になりそうで、ずっと楽しみにしていた企画でもあります。今までは先輩たちに連れてきてもらっていたイメージでしたが、自分たち同世代を中心にした演劇を本多でやれるなんて! ぜひ同世代の方たちに大勢見に来てもらいたいですし、同世代の同業者たちには悔しがってもらいたいですね(笑)」とのコメントを寄せている。

 同舞台は12月8日〜27日に本多劇場で上演される。

【関連記事】

 榮倉奈々と賀来賢人が結婚! 出会いはあのドラマでの共演
疲れ切った賀来賢人に不真面目な市川亀治郎!? 『シャッフル』舞台挨拶で暴露
赤堀雅秋監督作『その夜の侍』初日舞台挨拶
[動画]臼田あさ美×太賀×オダギリジョー、原作:魚喃キリコ/映画『南瓜とマヨネーズ』特報

関連キーワード賀来賢人

「エンタメその他」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース