80年近く飲まず食わず インド苦行者 医師らを仰天させる

2017年7月12日 00:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*00:25JST 80年近く飲まず食わず インド苦行者 医師らを仰天させる
 人間は一生飲まず食わずで生きていけるのでしょうか? 87歳のインド苦行者プララド・ジャニ(PrahladJani)さんは70年以上、食べ物も飲み物も一切口にしていませんが、健康な状態を保っています。


 ジャニさんの話を検証するため、医師たちは彼に、アフマダーバード市(Ahmedabad)のスターリン病院(SterlingHospital)に入院してもらいました。24時間体制の監視の下で、医師たちはジャニさんを観察。驚いたことに、15日間まったく飲食を摂らなかったジャニさんは脱水症状になっていないばかりか、健康状態はいたって良好だったのです。


 さらに医師たちを驚かせたのは、ジャニさんが入院中に一度も排泄をしていなかったこと。医師たちはジャニさんの膀胱内の尿容量を朝晩に測定しましたが、彼は体内で尿を吸収しているようでした。ジャニさんの養生の秘訣は、瞑想、ヨガ、チャクラ脳活性健康法ですが、なぜ絶食しても生存できるのかについては、科学的に分かっていません。


 神経科医のスディール・シャー氏(SudhirShah)は記者会見で、「生物学の科学的視点からは、奇跡を目撃したと言えます」と話しました。


 一方、インド国防局生理学学会(DefenceInstituteofPhysiology)のイラバジャガン博士(G.Ilavazhagan)は、ジャニさんのケースを研究すれば、自然災害などの食料不足の時に生存率を上げるだろうと話しています。

(翻訳編集・豊山)

【ニュース提供・大紀元】《FA》

関連する記事

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース