マザーズ指数は大幅に5日続伸、相場全体の好地合いが追い風、GNIなどストップ高/マザーズ市況

2017年6月19日 18:12

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:12JST マザーズ指数は大幅に5日続伸、相場全体の好地合いが追い風、GNIなどストップ高
 本日のマザーズ市場では、このところ上昇の目立っていた銘柄の一部で利益確定の動きが見られたものの、全体としては堅調な展開だった。日経平均が2万円台を回復するなど相場全体の地合いが良好だったことが支援材料となった。材料株やバイオ株、ゲーム株の一角に物色が向かい、大きく値を飛ばした。なお、マザーズ指数は大幅に5日続伸して年初来高値を更新。売買代金は概算で1500.08億円。騰落数は、値上がり161銘柄、値下がり68銘柄、変わらず8銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金トップのGNI<2160>やホットリンク<3680>がストップ高で本日の取引を終えた。ゲーム株のシリコンスタ<3907>やサイバーS<3810>のほか、クラウド契約サービスの拡大が好感された弁護士コム<6027>、子会社の提携が材料視されたUNITED<2497>は10%超の大幅高となった。その他、アカツキ<3932>、ソレイジア<4597>、ミクシィ<2121>、SOSEI<4565>などが上昇し、REMIX<3825>は小幅高だった。一方、直近で上昇の目立ったアンジェス<4563>やエンバイオHD<6092>が反落し、IIF<6545>も小幅に下げた。また、前週末に初値を付けたビーブレイク<3986>が換金売りに押され急落し、マザーズ下落率トップとなった。《HK》

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース