動員200万人超の『この世界の片隅に』、アヌシー映画祭で審査員賞受賞

2017年6月19日 15:58

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

公開217日目となる6月15日に累計動員数200万人を突破、興収25億9000万円を記録するなど、現在もロングラン上映中のアニメ映画『この世界の片隅に』が第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門で審査員賞を受賞したことがわかった。写真:片渕須直監督(左)と真木プロデューサー(右)

公開217日目となる6月15日に累計動員数200万人を突破、興収25億9000万円を記録するなど、現在もロングラン上映中のアニメ映画『この世界の片隅に』が第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門で審査員賞を受賞したことがわかった。写真:片渕須直監督(左)と真木プロデューサー(右)[写真拡大]

写真の拡大

 公開217日目となる6月15日に累計動員数200万人を突破、興収25億9000万円を記録するなど、現在もロングラン上映中のアニメ映画『この世界の片隅に』が第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門で審査員賞を受賞したことがわかった。

 ・[動画]映画『この世界の片隅に』予告編

 6月12日〜17日までフランスのアヌシーで開催されていた本映画祭は、1960年にカンヌ国際映画祭からアニメーション部門が独立。アニメーション映画祭としては世界で最も長い歴史を持つ国際映画祭。1993年には宮崎駿監督作『紅の豚』が長編部門・最優秀作品賞を受賞。その後2007年に細田守監督作『時をかける少女』(長編部門・特別賞)、2015年に原恵一監督『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』(長編部門・審査員賞)など、 日本国内でも人気を誇るアニメーション作品が受賞している。

 今回の受賞に片渕須直監督は「海外では、予備知識が無いと理解できないと言われていました。日本ローカルの舞台や時代を描いた映画なのですが、今回の受賞で人々の心がつながるのだと実感できました。皆さんの心の中に、この映画の登場人物、主人公のすずさんは既に住み始めている、と見えたことが喜びです」とコメント。

 真木プロデューサーも「本日は(6月17日)土曜日。(12日)月曜日にアヌシーに着いて、この日を毎日チーズを食べながら待っていました。この映画は日本で数多くの賞を頂きました。作品賞、監督賞、音楽賞、主演女優賞まで。このアヌシーで賞を頂いて、非常に大きな海外の賞が加わりました。とても光栄なことです。ありがとうございました」と述べている。

 『この世界の片隅に』は9月15日よりBlu-ray&DVDがリリースとなる。

【関連記事】

 『この世界の片隅に』公開20週目でついに興収25億円を突破!
『この世界の片隅に』動員100万人突破を感謝し第3弾来場者プレゼント実施
[動画]のん(能年玲奈)「普通であることがすごく幸せ」/『この世界の片隅に』プレミア試写会
『この世界の片隅に』キネ旬ベスト・テン第1位!『トトロ』に並ぶ快挙

関連キーワードフランス時をかける少女宮崎駿この世界の片隅に片渕須直カンヌ国際映画祭アヌシー国際アニメーション映画祭細田守

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース