配車サービスUber、距離以外の要因も考慮し請求料金変えるシステム導入

2017年6月19日 16:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 タクシー配車サービスを手がけるUberが、距離以外の要因も考慮して請求する料金を変えるシステムを導入するそうだ(BloombergNewsphere)。

 このシステムはいくつかの都市ですでにテストが行われているとのことで、システムが利用するルートの距離や所要時間、地理的要件から「顧客がいくら支払いたいと思っているか」を予測するという。その結果、同じ距離でも料金が変動する事になるという。料金は顧客が出発地と目的地を指定した時点で事前決定されるとのことで、透明性も高いとしている。

 但し日本では、ウーバーが緑ナンバーの正規タクシー配車業としてビジネスを行うにしても、料金制度は国土交通大臣の認可を受ける必要がある。

 スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
Uber、イタリア全土で営業停止に。既存タクシーに対し不公平な競争を仕掛けているとの判断 2017年04月13日
Uberの自動運転自動車、アリゾナ州で事故に巻き込まれる 2017年03月30日
民泊サービスや配車サービスで起こる差別問題 2016年09月24日
公共交通機関が乏しい地域にUber参入、タクシー業界は警戒 2016年07月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードUber

「インターネット・ウェブサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース