政府、宇宙基本計画で再使用ロケット小型実験機の準備を表明

2017年6月18日 20:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AC0x01 曰く、 政府の宇宙政策委員会が15日、年末に定める宇宙基本計画の工程表の中間取りまとめを公表したのだが、その中に再使用型宇宙輸送システムの実験に関する記述が含まれている(宇宙開発戦略本部 第15回会合 配布資料毎日新聞の記事SankeiBizの記事)。

資料3では「平成29年度より第1段再使用化の検討に資する小型実験機の準備を行う。平成30年度には飛行試験を実施し、新型基幹ロケット (H3ロケット) 等の次の宇宙輸送技術構築に向けた課題等の整理を行う」となっており、来年度には小型実験機を飛ばすつもりのようだ。詳細は記載されていないが、開発期間的にRVTの延長上の実験機などが考えられそうである。

この実験がすぐにH3などの新ロケットに繋がるわけではなさそうだが、JAXAもついに再使用ロケットへと舵を切るのだろうか。

 再使用型宇宙輸送システムについては以前から検討が行われており、2015年には工程表34としてリストアップされていた(PDF)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙

 関連ストーリー:
Dragon補給船の再利用に成功 2017年06月07日
DARPAとボーイングの宇宙飛行機「XS-1」のデザインが決定、製造へ 2017年05月26日
SpaceX、Falcon 9ロケット第1段の再利用・再回収に成功 2017年04月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロケット宇宙航空研究開発機構(JAXA)

関連する記事

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース