VW、ミニバン2車種に特別限定車「Tech Edition」を設定し発売

2017年6月14日 07:18

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

今回発売する「Tech Edition」は、ファミリーユースを想定して、より安全かつ快適な装備を数多く採用した特別限定車。写真は「Golf Touran Tech Edition」

今回発売する「Tech Edition」は、ファミリーユースを想定して、より安全かつ快適な装備を数多く採用した特別限定車。写真は「Golf Touran Tech Edition」[写真拡大]

写真の拡大

フォルクスワーゲン(VW)ジャパンは、同社の人気7人乗りミニバンシリーズ2車種に、最新の運転支援システムや日常の仕様で便利な機能装備を追加した特別限定車「Tech Edition(テックエディション)」を発売する。

 今回導入する2車種は、コンパクトミニバンの「Golf Touran(ゴルフ・トゥーラン)」とトールワゴンタイプのミニバン「Sharan(シャラン)」の量販グレードである 「Comfortline(コンフォートライン)」をベースに装備の充実を図っている。

 「Golf Touran」と「Sharan」は、VWの7人乗りミニバンシリーズとして「安全」「快適」 そして、ドイツ車らしい「しっかりしたボディ」「高い走行性能」に定評がある。今回の「Tech Edition」は、ファミリーユースを想定して、より安全かつ快適な装備を数多く採用した特別限定車である。

 その装備は、先行車との車間を自動的に制御して追従走行するアダプティブクルーズコントロール「ACC」と 高速道路等における渋滞時にドライバーの運転を支援する「Traffic Assist」は、レジャーや長距離移動などでステアリングを握る運転者の疲労を低減する。設定したルートを正確に案内してくれる純正 ナビゲーションシステムとともに「安心」「快適」なドライブを提供する。

 またスイッチで開閉できるパワースライドドア(シャランに設定)やパワーテールゲート、駐車支援システム「Park Assist」は、買い物や保育園などへの送迎、街中の移動、駐車や荷物の出し入れをする機会が多い主婦に優しく安心な装備で、快適な使い勝手を提供する。

 今回発売する2車種は、ともに1.4リッター4気筒DOHCターボエンジン搭載車で、最高出力は150ps/5000-6000rpmを発生、最大トルクは25.5kg.m/1500-3500rpmを発揮。2.5リッタークラスのパワー&トルクを持ったエンジンだ。トランスミッションは、Golf Touranが7速DGS、Sharanが6速DGSを組み合わせる。

 各モデルの販売台数と全国希望小売価格は、「Golf Touran TSI Comfortline Tech Edition」が384.0万円(限定300台)、「Sharan TSI Comfortline Tech Edition」が432.9万円(限定150台)だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
フォルクスワーゲン「GTI」のイメージを受け継ぐ「GTI ベビーカー」を発売
大いなるアップデートを受け、欧州発売から半年、遂に日本上陸を果たした「VW Golf」Ver.7.5
フォルクスワーゲン、新EVをイメージした重要な1台「I.D. CROZZ」を上海で公開
フォルクスワーゲン「Polo」の特別仕様車「Meister」シリーズ販売開始
フォルクスワーゲン、新型5ドアグランツーリズモ「Arteon」を発表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフォルクスワーゲン(VW)ゴルフ(Golf/VW)ミニバン特別限定車

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース