NY為替:英政局不安&格下げ懸念でポンド続落

2017年6月13日 06:47

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:47JST NY為替:英政局不安&格下げ懸念でポンド続落
12日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円04銭から109円63銭まで下落し、109円94銭で引けた。英国の政局不透明感などを嫌気した、リスク回避の円買いがやや活発となった。その後、ムニューシン米財務長官が米国経済の持続的成長(3%成長)を公約したため、リスク回避的なドル売りは後退した。

ユーロ・ドルは、1.1225ドルから1.1192ドルへ下落し、1.1204ドルで引けた。米経済の持続的な成長への期待でユーロ買いはやや後退した。ユーロ・円は、123円39銭から122円79銭まで下落した。ポンド・ドルは、1.2684ドルから1.2639ドルへ下落した。英国の政局不安や英国の格下げ懸念がくすぶり、リスク回避的なポンド売りが続いた。ドル・スイスは、0.9670フランから0.9695フランへ上昇した。《MK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース