「脱・グローバリズムの行方」の投資家向けセミナーが東阪で開催、竹中平蔵氏や堀古英司氏の講演も

2017年6月12日 20:04

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:04JST 「脱・グローバリズムの行方」の投資家向けセミナーが東阪で開催、竹中平蔵氏や堀古英司氏の講演も

「脱・グローバリズムの行方」をテーマにした無料の投資家向けセミナー「楽天証券サービス開始18周年記念投資セミナー」が、東京(7月22日(土))と大阪(7月9日(日))でそれぞれ開催される。楽天<4755>傘下の楽天証券が主催しており、今年で18回目となる。

今回のテーマは「脱・グローバリズムの行方」となっている。足元では、トランプ米大統領の就任後の保護主義政策やイギリスのEU離脱など「脱グローバリズム」とみられる動きが世界各国でみられる。この「脱グローバリズム」が、米国や中国をはじめとする世界経済に与える影響や、「脱グローバリズム」を受けた今後の見通しについて、竹中平蔵氏をはじめ、各著名人が講演するという。

また、こうした外部環境の変化に大きく影響を受ける、日本株式や企業業績についての分析や今後の見通しが提示される。「脱グローバリズム」を受けて投資家はいかに行動すべきなのか、といった2017年後半の投資戦略が語られるもよう。

なお、経済や投資とは異なるテーマとして、東北楽天ゴールデンイーグルス・取締役副会長の星野仙一氏による「我が野球人生」と題した講演などが行われるようだ。

さらに、会場内では、株式や投資信託、FXなどの各種商品のブースが展示され、同社の株トレーディングツール「MARKETSPEED(マーケットスピード)」や、スマホ対応の株アプリ「iSPEED(アイスピード)」の試用コーナーもあるという。

なお、参加の際は事前に「楽天証券サービス開始18周年記念投資セミナー」特設サイトから申込が必要。大阪会場の申込締切は6月21日(水)、東京会場の申込締切は7月5日(水)となっている。応募多数の場合は抽選とのこと。

開催概要とタイムテーブルは以下の通り。

■東京会場
日時:2017年7月22日(土)10:00~16:30(受付開始 9:30)
会場:両国国技館(東京都墨田区横網1-3-28)
定員:5,500名 ※応募者多数の場合は抽選

■大阪会場
日時:2017年7月9日(日)10:00~16:30(受付開始 9:30)
会場:大阪国際会議場グランキューブ大阪(大阪府大阪市北区中之島5-3-51)
定員:2,500名 ※応募者多数の場合は抽選

■タイムテーブル(東京会場、大阪会場共に下記予定)
・10:10- 脱グローバリズムで新たな局面に入る世界経済

     竹中 平蔵氏 慶応義塾大学名誉教授 東洋大学教授
・11:05- 3大リスクに向き合う日本株 2017年後半の投資戦略

     窪田 真之氏 楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト
・13:15- 我が野球人生

     星野 仙一氏(東北楽天ゴールデンイーグルス 取締役副会長)
・14:20- 習近平政権の現在地:経済政策、対米関係、“政権交代”

     加藤 嘉一氏(米ニューヨーク・タイムズ 中国語版コラムニスト)
・15:40- 2017年後半に向けての米国経済・株式相場の見通し

     堀古 英司氏 (ホリコ・キャピタル・マネジメント CEO)《FA》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告