【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家スマイルマン:世界中で競争激化!!話題のAIスピーカー関連銘柄に注目!!

2017年6月12日 19:26

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:26JST 【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家スマイルマン:世界中で競争激化!!話題のAIスピーカー関連銘柄に注目!!
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家スマイルマン氏(ブログ「脱サラSの急騰銘柄監視日記」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年6月8日17時に執筆

株ブログ『脱サラSの急騰銘柄監視日記』を執筆しているスマイルマンといいます。

最近株式市場で大きく注目されているテーマに「AIスピーカー」があります。

これまで米アマゾンと米グーグルがシェアを独占していましたが、米アップルが6月5日、今年12月にAIスピーカーを発売すると発表をしたことから、ここからさらに競争は激化していくでしょう。

日本国内ではまだ馴染みが薄く、これから普及する段階ですので何かと話題にされる機会が今後増えるとみており、関連銘柄は早いうちに押さえておいた方がいいでしょう。

米グーグルが2017年度中に日本語に対応したAIスピーカーを日本国内で販売開始すると発表しており、注目度は日に日に増していくでしょう。

今は期待と思惑から値動きの軽い関連銘柄に資金が集中していますが、今後業績に寄与してくる銘柄も出てくると思っており、息の長いテーマになる可能性があります。

今後AIスピーカー関連銘柄は増える可能性がありますが、現段階で関連銘柄のなかでも注目している3銘柄をご紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

チェンジ<3962>

モバイル、IoTビッグデータ、クラウド、セキュリティなど「NEW-IT」を活用した経営課題解決サービスを提供している会社です。

同社は5月9日にアマゾンの音声認識・入力技術である「Alexa」と日本語で接続・連携する各種業界向け自社オリジナルSkillの開発を完了したと発表しています。

SkillとはAlexaに対応したアプリ、プラットフォームのことを指します。

アマゾンが販売しているAIスピーカー「Amazon Echo」に搭載されている音声認識・入力技術がAlexaになります。

まずは7業界向けに提供開始とされていますが、今後さらに多くの業界に提供される可能性は高く、注目を集めています。

フュートレック<2468>

音声認識・UIソリューション事業が主力の会社です。音声認識技術に強みを持っており、NTTドコモ<9437>などの大手に採用された実績があります。

同社はNTTドコモが手掛けているAIスピーカーであるホームコミュニケーションデバイス「ペトコ」に同社の音声認識技術や音声処理技術が採用されたことを5月24日に発表しています。

今後も高い技術力から他社に採用される可能性が高く、注目されています。

また、同社はAIスピーカー以外にもデジタル教科書、自動翻訳等のテーマに絡んだ事業を手掛けており、材料が豊富な点も大きな魅力と言えるでしょう。

アプリックス<3727>

通信モジュール等のIoT関連事業にリソースをシフト中。出版事業は17年3月に売却。

同社は6月5日、アマゾンの音声認識機能「Alexa」を利用する家電の需要が高まりつつあることを受け、家電メーカー向けのトータルIoTソリューションを発売することを発表しました。これを材料にAIスピーカー関連銘柄として大きく注目されるようになりました。

----

執筆者名:スマイルマン
ブログ名:脱サラSの急騰銘柄監視日記《HK》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース