米当局からの機密資料漏えい、「目に見えない追跡ドット」が証拠に

2017年6月10日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米国家安全保障局(NSA)から機密資料が流出していた問題で、この資料(紙に印刷された文書)には「目に見えない追跡ドット」が印刷されており、ここからこの資料がNSA内のプリンタで印刷されたということが分かったという(CNET Japan)。

 これを証拠に、米国家安全保障局(NSA)の業務委託業者で契約社員として働いていた人物が逮捕・起訴されたという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | プリンター

 関連ストーリー:
NSAが日本の政府や企業の電話を盗聴していたとウィキリークスが発表 2015年08月06日
NSAスパイ事件以後、国外からの信用を失う米ハイテク企業 2015年06月13日
米当局、ハッカーが盗んだ情報を「横取り」していた? 2015年02月09日
Xeroxプリンタの印刷物に追跡コード 2005年10月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ米国家安全保障局(NSA)

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース