メルカリのアカウントを1000件以上転売、男2人逮捕

2017年6月8日 19:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 フリーマーケットアプリ「メルカリ」のアカウント1000件以上を転売したとして、私電磁的記録不正作出・同供用容疑で和歌山県の男性2人が逮捕された(朝日新聞ITmedia)。

 メルカリのアカウントがネットオークションで多数販売されていたことから発見されたという。不正に取得したアカウントは1件あたり800〜900円で販売していたとのこと。こういったアカウントはアカウント停止になったユーザーが購入するほか、自己取引など悪用目的で利用するための購入もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ

 関連ストーリー:
メルカリの普及で打撃を受けるリユース業界 2017年05月09日
メルカリ、紙幣だけでなくSuicaやパチンコの特殊景品の出品も規制 2017年04月27日
フリマアプリ「メルカリ」では現金が多数出品されている 2017年04月24日
フリマアプリ「メルカリ」、ゲームのアカウント売買を解禁していた 2016年11月04日
個人間売買仲介アプリ「メルカリ」ではiTunesカードが定価よりも高値で取引されている 2016年03月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードメルカリ

「インターネット・ウェブサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース