顔のない魚が捕獲 オーストラリア沖の深海で

2017年6月6日 17:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 オーストラリア東部沖の深海で、顔に目や鼻、口がない珍しい深海魚が捕獲されたそうだ(AFPハザードラボ)。

 この魚は学術名が「Typhlonus nasus」で、「Faceless Cusk」(顔無しタラ)などと呼ばれることもあるという。「顔無し」と呼ばれているが、目は皮膚の下にあり、また口やエラは腹側にあるそうだ。

 この調査公開ではほかにも「ケイ素(ガラス)でできた骨針を振り回し、小型の甲殻類を引っ掛けて捕食する肉食性の海綿動物」など珍しい生物が見つかっているという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
JAMSTEC、深海での発電現象を確認 2017年06月02日
千葉で発見された巨大鮫「メガマウス」、捕獲されるも死亡 2017年05月24日
海洋研究開発機構などが自律探査ロボットでの海底探査プロジェクトにチャレンジ 2017年02月23日
ダイオウグソクムシNO.5斃死 2016年04月05日
脳も腸もない謎の深海生物「珍渦虫」、生物の進化の初期に位置する生物だった 2016年02月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードオーストラリア

「自然環境・動植物」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース