財務省が情報システム更新、「森友問題」関連のデータは削除か

2017年6月5日 16:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 財務省が省内で使用していた情報システムの更新を行い、職員のPCも一斉に更新されたのだが、これによって現在その不透明性が問題とされている学校法人「森友学園」への国有地売却関連の文書などが失われる可能性があると指摘されている(朝日新聞)。

 システムの更新により、保管されているものを除くすべてのデータが物理的に消去されるという。NPOなどが電子データの証拠保全を東京地裁に申し立てたが、こちらは却下されたとのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ

 関連ストーリー:
仏大統領選挙、マクロン陣営流出文書はTwitterボットによって拡散された 2017年05月12日
CIAのハッキング技術公開で企業が得た教訓:暗号化はやはり重要 2017年03月17日
ビッグデータを知財として保護 政府、登録・活用へ法整備 2017年03月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード財務省森友学園

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース