千葉で発見された巨大鮫「メガマウス」、捕獲されるも死亡

2017年5月24日 19:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 22日、千葉県館山市で「メガマウス」と呼ばれる体長5mほどの巨大ザメが定置網にかかり保護された。しかし翌23日には死んでしまったという(NHKの記事1記事2)。

 メガマウスが捕獲された例は国内で20例ほどと少なく、貴重なサンプルとして期待されていた。東京海洋大学客員准教授のさかなクンはこれに対し「海に返すか、しっかりとした飼育環境の中で、研究に役立てられることが望ましいと思います」とコメントしていたが、叶わなかった。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
頭が2つあるサメが発見される 2016年11月01日
推定年齢392歳という長寿のサメが発見される 2016年08月16日
メガロドンと思われる巨大なサメの化石がクロアチアで見つかる 2015年08月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード千葉県

関連する記事

「自然環境・動植物」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース