NY株式:ダウは141ドル高、投資家心理の改善を受け買い戻し広がる

2017年5月20日 09:37

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:37JST NY株式:ダウは141ドル高、投資家心理の改善を受け買い戻し広がる
19日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は141.82ドル高の20804.84、ナスダックは28.57ポイント高の6083.70で取引を終了した。原油相場が1バレル50ドルを超す上昇となり、買いが先行。司法省がロシアへの情報漏洩疑惑に関する捜査指揮に特別検察官を任命したことで先行き不透明感がやや後退し、終日堅調推移となった。セクター別では医薬品・バイオテクノロジーを除いて全面高となり、資本財やエネルギーの上昇が目立った。

原油相場の上昇でエネルギー会社のチェサピーク・エナジー(CHK)や深海油田開発のトランスオーシャン(RIG)などエネルギー銘柄が堅調推移。農業機械のディア(DE)は決算内容が好感され、上昇。半導体製造装置のアプライド・マテリアルズ(AMAT)は決算内容が予想を上振れ、買われた。一方で、衣料小売りのフット・ロッカー(FL)は決算内容が嫌気され、大幅下落となった。

本日、セントルイス連銀総裁は最近の軟調な経済情勢から判断して、連邦準備制度理事会(FRB)が想定する追加利上げペースは早すぎるとの見解を示した。

Horiko Capital Management LLC《TM》

関連する記事

「海外株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告