4月のソラストは訪問介護が前年同月比20.5%増、デイサービスが同17.1%増で、いずれも2ケタ増と好調に推移

2017年5月19日 20:22

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■訪問介護が16年4月から連続のプラス

 ソラスト<6197>(東1)は19日、4月の月次動向(2017年4月介護サービス利用状況速報値)を発表し、介護サービス利用状況は、訪問介護が前年同月比20.5%増の6,021人で、16年4月から連続のプラスだった。デイサービスも同17.1%増の4,437人でいずれも2桁増と好調に推移している。

 施設系サービスの月末入居率は、グループホームが97.5%、有料老人ホームが98.7%、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)が92.1%と高水準を維持している。事業所数は、17年3月末比で訪問介護が3カ所、デイサービスが6カ所、居宅介護支援が1カ所、グループホームが4カ所、その他が1カ所増え、一方、有料老人ホーム・サ高住が1カ所減少して合計260カ所となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】エルテスは続落も新サービス提供開始で成長可能性を見直し直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/06)
【株式評論家の視点】キャリアは「働き方改革」の推進で、アクティブシニアの就労機会を創出(2017/01/07)
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告