リミックスポイントはビットコイン取引所の高機能化など材料に4日続伸

2017年5月19日 15:27

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■子会社ビットポイントジャパンが新取引所システムを順次リリース

 省エネ関連事業などのリミックスポイント<3825>(東マ)は19日の後場一段高となり、9%高の294円(25円高)まで上げて4日続伸含みとなっている。18日付で、仮想通貨ビットコイン関連事業を行う子会社ビットポイントジャパンが5月28日からリクイディティ・プール機能を有した新取引所システムを順次リリースすると発表し、期待が広がった。

 順次リリースが始まると、ビットコイン取引において大口注文の取引環境の強化、取引コストの低廉化が進むようだ。さる5月11日には2017年3月期の決算を発表し、今期・18年3月期の連結業績見通しを、前期比で売上高が56%の増加、営業利益は4.7倍の増加とした。急激な業績の回復になるため、株価の値動きも急変貌する期待が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】エルテスは続落も新サービス提供開始で成長可能性を見直し直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/06)
【株式評論家の視点】キャリアは「働き方改革」の推進で、アクティブシニアの就労機会を創出(2017/01/07)
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース