早期の日韓首脳会談へ調整図ることで一致

2017年5月19日 08:11

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は18日、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)大統領特使(国会議員)と会談。文在寅(ムン・ジェイン)大統領と早期に首脳会談を行うための調整を図ることで一致した。

また安倍総理は「韓国は日本にとって戦略的な利益を共有する最も重要な隣国であり、日韓関係は長年にわたって両国の関係者が営々と努力を積み重ねて友好関係を築いてきた賜。その積み重ねの上に新政権との間で未来志向の日韓関係を築いていきたい」と伝えた。

 会談については韓国・聯合ニュースは、文国会議員は安倍総理との会談後、韓国の報道陣に答え「これからうまくやっていきたい、近いうちにお会いしたいという(文大統領の)話をしようとしたら、日本側(安倍首相)から話があった、と説明。韓日が北の核問題に共同で対処し、韓米日の連携体制で役割を果たしたいという文大統領の意向を伝え、安倍首相からは全面的に同感という旨の話を聞いた、と明らかにした」と報じた。

 また「文国会議員は安倍首相との会談について『全体的に和気あいあいとしていたし、韓日関係をうまくやっていきたいという感触を受けた』とし、『より進展した関係を望んでいたようだ。新政権の発足を機に積極的な韓日関係を構築したいと思っているようだった』と伝えた。会談に同席した韓国側の関係者によると、安倍首相は早期の特使派遣に謝意を表した」と報じた。

 特に安倍総理との会談の様子をうかがわせる報道では「安倍首相は文大統領が大統領選で当選すれば北朝鮮をまず訪問すると発言したことについて、『性急すぎるのではないか』などと懸念を表明。文氏が『前提条件として《日本や米国と十分に協議して核問題の解決ができれば》《核問題が解決する過程で》ということがあれば、の発言だった』と説明すると、安倍首相は『やはりお会いして話し合うと誤解が解ける。文大統領に頻繁にお会いしなければならないということが文特使の説明を受けて分かった』という趣旨の発言をしたという」と伝えた。

 これについては「文大統領が盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領時代などの(韓日間)シャトル外交の再開を希望している」ことにも呼応するもので、両国首脳の交流深化が期待される。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
日韓の防衛相が北朝鮮対策で電話会談 認識共有
日韓防衛相電話会談・北の事態の深刻さ裏付ける
今、憲法9条改正時期でない 宏池会会長として
日韓防衛協力を更に進めていきたい 稲田防衛相
韓国に進出している日系企業は393社

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連する記事

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース