ミロク情報サービスは子会社のMFTとFinTech分野のサービス提供を開始

2017年5月17日 16:45

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■韓国のBRTS社と株式会社韓国NFCから技術支援を受け、国内およびアジア各国での販売権を獲得

 ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、子会社のMFTとFinTech分野のサービス提供を開始する。

 これを実現するため、MJSは韓国でマルチスマートカードを開発・提供するBRTS社とPhone2Phone決済技術を開発・提供する株式会社韓国NFC(以下、NFC社)と資本業務提携契約を締結し、両社からの技術支援を受けるとともに、国内およびアジア各国での販売権を獲得する。

 BRTS社が開発したマルチスマートカードは、クレジットカードやポイントカードなど30枚のカードを1枚へ統合することができ、スマート(デジタル)ウォレットの役割を果たす。MJSとMFTは、2017年末までに大手カード会社をはじめとする企業・法人を通して、日本で初めてとなるマルチスマートカードの提供を予定している。また、NFC社が独自に開発した、Phone2Phone決済を中心としたモバイルPOS技術の活用もあわせて、MJSグループが目指すFinTech分野のサービス事業の創出を図る。

 MJSグループは、これまで培ってきた財務・会計・税務分野のビジネスに加えて、“FinTech(金融)”分野の事業を創出すべく取り組んでいる。今後、継続的に企業価値を高めていくため、既存顧客である会計事務所および中堅・中小企業に加え、海外や個人・個人事業主といった新たな市場に対して、FinTech分野の新しい価値を創出し提供する。さらには、MJSが開発・提供するERPシステムやクラウドサービスとこの“fintech”分野のサービスを連携させることにより、既存事業のさらなる拡大とグループシナジーの強化を目指すとしている。

 資本業務提携により、MJS、MFT、BRTS社、NFC社4社の技術やノウハウを融合することで、多彩な業務用ソフトウェアや各種サービスとの連携をはじめ、MJSグループの新たなFinTech分野のサービスを開発・提供し、新規市場の開拓と業容拡大を図る。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】キャリアは「働き方改革」の推進で、アクティブシニアの就労機会を創出(2017/01/07)
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)
【株式評論家の視点】ジェイリースは来期も2ケタ増収増益を観測、短期的に騰勢を強めそうな態勢(2017/01/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告