イントラスト 17年3月期は増収、営業利益・経常利益の増益で着地、ソリューションサービスへのシフト進む

2017年5月16日 18:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:34JST イントラスト---17年3月期は増収、営業利益・経常利益の増益で着地、ソリューションサービスへのシフト進む
イントラスト<7191>は12日、2017年3月期の決算を発表。売上高で前期比2.4%増の27.13億円、営業利益で同12.3%増の6.08億円、経常利益で同10.6%増の5.98億円、当期純利益で同21.9%減の4.09億円となった。

売上高については、ソリューションサービスへのシフトが進んだことで、保証サービスは前期比14.8%減の15.47億円となったものの、ソリューションサービスは、保証関連の業務受託サービスである特化型ソリューションサービスなどが順調に拡大し、前期比39.6%増の11.65億円となった。営業利益は、売上高が増収となったことと、貸倒引当金及び保証履行引当金繰入額が抑制されたことなどにより、2ケタ増益となった。

2018年3月期の業績予想は、売上高で前期比6.6%増の28.91億円、営業利益で同10.3%増の6.71億円、経常利益で同8.5%増の6.49億円、当期純利益で同4.4%増の4.27億円と増収増益を見込む。《MW》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース