エレマテック 17年3月期は減収減益となるも、18年3月期は増益により増配を見込む

2017年4月28日 10:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:11JST エレマテック---17年3月期は減収減益となるも、18年3月期は増益により増配を見込む
 

エレマテック<2715>は27日、2017年3月期(16年4月-17年3月)連結決算を発表。売上高は前期比6.4%減の2030.04億円、営業利益は同21.3%減の54.06億円、経常利益は同22.8%減の53.14億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同73.4%減の13.42億円だった。

18年3月期の業績予想については、売上高が前期比1.0%増の2050.00億円、営業利益が同7.3%増の58.00億円、経常利益が同5.4%増の56.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同190.5%増の39.00億円を見込んでいる。前期に計上した特別損失が解消されることから、大幅な最終増益を見込んでおり、配当についても17年3月期の年間20円から58円への増配を見込んでいる。

競争が激化するエレクトロニクス業界において、付加価値向上を図るため、販売商材のモジュール化を推進するとともに、スマートフォン等情報機器端末関連部材や自動車向け各種関連部材及び物流業界向け関連製品の販売活動に一層注力していく。《TN》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース