アクセル 低遅延再生が可能なゲーム向けサウンドミドルウェア「C-FA」の提供を開始

2017年4月28日 15:29

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:29JST アクセル---低遅延再生が可能なゲーム向けサウンドミドルウェア「C-FA」の提供を開始
 

アクセル<6730>は25日、マルチプラットフォームで低遅延再生が可能なゲーム向けサウンドミドルウェア「C-FA(シーファ)」の提供を開始することを発表。
「C-FA」は、ゲームアプリ等で使用される汎用的な音声コーデックと同等の音質を半分程度のCPU負荷で実現できるサウンドミドルウェア。シーク、ループ再生時におけるギャップレス再生を実現するとともに、圧縮されたストリーム状態からの低遅延再生が可能になっている。特徴として、ゲームの進行に合わせた柔軟な再生制御、圧縮されたストリームの低遅延再生、共通化された圧縮フォーマット、高い圧縮率が挙げられる。各種OSの他、ゲームアプリ制作の統合開発環境であるUnityにも対応しており、ゲームアプリ開発者が使い慣れた環境の中で容易に利用が可能な製品になっているとのことである《MW》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース