レナウンは後場もストップ高に張り付きブランド展開や今期の業績など好感

2017年4月21日 15:24

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■低価格の新ブランド開始と伝わり業績の回復期待も再燃

 レナウン<3606>(東1)は21日、朝方にストップ高の157円(50円高)まで急伸し、後場も13時過ぎから再びストップ高に張り付いて強い相場になっている。今期の業績予想に期待がある上、「低価格の新ブランドを2018年春に開始し、ユニクロなどと同水準の価格帯を想定」(日本経済新聞4月21日付け朝刊)と伝えられ、期待が広がった。

 報道によると、「まず国内のショッピングセンター(SC)や電子商取引(EC)サイト向けに販売。世界展開も目指す」(同)という。

 市場関係者によると、証券マンはだいたい朝刊各紙のニュースに目を通し、とりわけ表記の新聞は克明に読むが、レナウンの記事は株価をストップ高まで急伸させるほど大きな話だと思わなかったようだ。今期・2018年2月期の業績は営業利益や純利益が黒字化する見通しとしており、業績の回復期待をベースに好材料への期待が上乗せされた形。ストップ高を重ねる展開に期待する様子もある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】イー・ガーディアンは17年9月期第2四半期累計業績予想を増額修正、通期も増額の可能性(2017/04/04)
【編集長の視点】ラ・アトレは続落もV字回復業績を手掛かりにディフェンシブ系の超割安株買いが再燃余地(2017/04/05)
【注目銘柄】三井ハイテックは急伸して09年来の高値水準、18年1月期2桁増収・営業増益予想(2017/03/30)
【業績でみる株価】北恵は17年11月期第1四半期大幅増益で通期予想に増額余地(2017/04/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース